古武術とは?

古武術というのは、日本に古来から伝わる武術の総称です。元々は、単に武術とか武芸と呼ばれていて、江戸時代の終わり頃には武道という言葉も使われるようになったようです。

古武術とは?(つづき)

第二次世界大戦後にGHQにより武道が禁止され、それ以降に復刻されたものを現代武道と呼び、元々、武道と呼ばれていたものを古流、あるいは古武術、古武道などと呼称するようになったのが言葉としての起源です。

古武術というと、徒手空拳、つまり武器を持たない素手による武術がイメージされる人も多いでしょうが、実際には日本刀を用いた剣術や、槍を用いた槍術、棒や棍を用いた棒術、棍術、薙刀や杖術、十手、鉄扇、鞭、弓術などさまざまな武器を用いた武術も多くあります。

古武術イメージ

現代の日本では、戦争はおろか、何かカラダを使って格闘を行なうといったこと自体がなくなりましたので、こういった古武術もどちらかというと細々と伝えられるにとどまっていました。

しかし、最近スポーツ選手が古武術をトレーニングなどに取り入れることによって成績を上げたことが大きく報道されたりしたことで、一般にも認識されるようになりました。

さらに、ごく最近になってからですが、老人介護の需要の高まりに従って、重労働である老人介護に古武術のカラダの運用法を取り入れることで、介護福祉の現場を少しでも楽にしようという考え方も出てきました。

NHKなどテレビでも古武術を取り入れた介護実践の方法を紹介する番組が組まれるなど、古武術介護も一般的に知られるようになっています。


Copyright 古武術の基礎知識 All rights reserved.

privacy